キャッシング審査ナビ | 審査に通過する方法

お金を借りるには、まずお申し込みをしてキャッシング審査に通過しないとキャッシングはできません。
気になる審査内容ですが
あなたの信用情報が重きで判断されます。良く言われているのが信用情報で8割は決まると言われています。
年収・勤続年数・居住年数・年齢・職業・家族の有無・他の借入(住宅ローンやマイカーローンなど)総量規制の基準以内か・過去にローン事故がないか・在籍確認が取れるかなどです。
勤務先・住居は10年以上あれば勤務先変更もないだろうと判断されますし、住所の変更もないだろう判断されます。
さらに勤続年数も長ければ退職金も見込めますから審査は有利に進むでしょう。


在宅・在籍確認などで決まるでしょう


信用情報と年収・勤続年数・居住年数でおおまかに決まりますが、最終在宅・在籍確認で決まるでしょう。

携帯電話しか持っていない方は在籍確認で終るようですが、固定電話を持っている場合はポイントも高く、固定電話=その土地に長く住んでいる、根を張っているのでそうそう簡単には引越などもしないだろうと思われます。

以上のような審査内容になると思います。多重債務やローン事故が無い限りキャッシングの審査は通過すると思われます。あくまでも一般的な意見を掲載しています。

もしあなた自身の信用情報を知りたい(あくまでも個人のお金の流れです。個人的な思想などは入っていません。)場合は下記のサイトを参考に開示請求してみてはどうでしょう。

【株式会社日本信用情報機構(JICC)】


必要書類:
下記書類の中からいずれか1点を用意する必要があります。
・運転免許証または運転経歴証明書
・各種健康保険証(カード式)
・住民基本台帳カード(写真付)
・各種健康保険証(折りたたみ式)
・身体障害者手帳
・在留カードまたは特別永住者証明書
 (または外国人登録証明書)
※本人確認書類は日本の官公庁が発行した有効期限内のものとし、氏名・現住所・生年月日が確認できるものに限るそうです。
●サービス受付時間:
24時間365日(メンテナンス時間帯を除く)
●手数料:
1,000円(税込)
*手数料支払方法:クレジットカード(1回払いのみ)、コンビニエンスストア金、融機関(銀行、信用金庫等)のATMでの支払い、オンラインバンキングからの支払い(別途支払手数料(157円)がかかるものもあります。)

●開示結果の郵送:
開示結果は現住所へ本人限定受取郵便(特例型)で郵送されてきます。送付先の変更はできません。また、本人限定受取郵便は、郵便物に記載された名宛人本人しか受け取ることができないサービスで、郵便局から到着通知が届いたら、郵便局へ連絡し、郵便局で受取るか
自宅へ配達を依頼することができます。郵便物を受取の際には、日本郵便株式会社が指定する本人確認書類が必要となりますので、ご注意くださいね。

◆株式会社日本信用情報機構での郵送での情報開示手段◆

●郵送での情報開示に必要な書類
以下の書類を下記送付先まで送付します。(ホームページより最新の申込書を利用してください。)
・信用情報開示申込書(ご本人様用)〔PDF:133kB〕
*FAXBOX(0120-553-446)からも取り出すことができます。(24時間受付)
音声ガイダンスに従って操作してください。  
・本人確認書類
A群から1点、B群なら2点の本人確認を同封する必要があります。なお、本人確認書類は、日本の官公庁が発行した有効期限内のもので、氏名・生年月日・住所が確認できるもの(うち1点は現住所が確認できるもの)に限りますので、ご注意ください。

本人確認書類A群:
発行日から3ヵ月以内のもの
・住民票 原本
・印鑑登録証明書 原本
・戸籍謄本(または抄本)とその附票 原本
・外国人登録原票記載事項証明書 原本

本人確認書類B群:
有効期限のあるものは有効期限内のもの

・運転免許証または
 運転経歴証明書 コピー
・パスポート コピー
・住民基本台帳カード(写真付) コピー
・在留カードまたは特別永住者証明書
(または外国人登録証明書) コピー
・各種健康保険証 コピー
・各種年金手帳 コピー
・身体障害者手帳 コピー
*発行日を確認するため、A群の書類が複数枚にわたる場合はまとめてそのまま送付してください。A群「住民票」は本人分のみ発行を依頼して、B群は、氏名・生年月日・住所・有効期限の記載がある面を鮮明にコピーして送付してください。結婚などで名字が変わり、旧氏名(別名)での登録情報の開示を希望の場合は、現氏名と旧氏名(別名)のつながりが分かる本人確認書類(A群「戸籍謄本(または抄本)とその附票 原本」 等)を必ず送付してください。また、本人確認書類は返却されません。

●手数料
定額小為替証書1,000円分(ゆうちょ銀行または郵便局発行のもので、有効期限内(発行日から6ヵ月以内)のものを送付してください。また、記入欄には何も記入せず、そのまま送付してください。)

●書類送付先
〒556-0011 大阪府大阪市浪速区難波中2-10-70 パークスタワー17F
 株式会社日本信用情報機構 開示窓口宛

●情報開示結果の送付について
開示結果は、現住所へ「簡易書留(親展)」で送付となり、申込書類を送付してから開示結果の到着まで1週間から10日程度かかるそうです。


◆株式会社日本信用情報機構での窓口での情報開示手段◆

●受付窓口
・東京窓口:〒101-0042
東京都千代田区神田東松下町14 東信神田ビル2階(地図はこちら)
・大阪窓口:〒556-0011 
大阪府大阪市浪速区難波中2-10-70 パークスタワー17階 (地図はこちら)
・受付時間:月~金(祝日・年末年始を除く)10時~12時/13時~16時
 ※休日明けの営業日および昼休み(12:00~13:00)前後は混み合うそうです。

●来社での情報開示に必要な書類
以下の書類をお持ちください。
・信用情報開示申込書(ご本人様用)
※窓口に備え付けの申込書に記入。

キャッシング 審査は付きものです。お金を借りるとなると融資会社に申し込みを希望する方のお金の管理(クレジットカード・携帯電話料金など)支払いに関しては調べられほんとうに融資してもきちんと返済してくれるのかを総合で判断します。